『幽玄音楽劇 ロミオとヂュリエット』10周年御目出度公演(東京)

鮭スペアレ

1年間の「ロミオとヂュリエットツアー」東京ファイナル公演

作/ウイリアム・シェイクスピア 訳/坪内逍遥
構成・演出/中込遊里 音楽/五十部裕明

演出挨拶

しつこさと無鉄砲さを大事に思う。

劇団10周年の節目に私たちが選んだのは、劇団の名前の由来でもあるシェイクスピア作品に初めて取り組むことと、それをしぶとく育て上げることだった。演劇は空間と時間を旅して留まることはない。衝動とご縁に任せて無鉄砲な旅を続けた。飛び込みで行った村の神社の野外上演、アートスペース、公共のホールまで、空間は無限。そこに在る方々との出会いは財産。演劇と共に動く時私たちはどこまでも自由である。

ところで、10年続けて、初代劇団員たちは30歳になった。20代というものはつくづく上滑りで切なかった。めでたいことも風の如く過ぎ去り噛みしめる間もない。ああまだ30歳か、と思う。といいながらも少しづつ軽やかな気分は増えてきた。時を重ねるというのはめでたいものだ。

30歳から40歳までの10年間を予感するだに、「堪える」心構えを作っておく。20代では現実を無視して突き進む。現実を理解できるほどに冷静であるのが30代なのかと予想する。周りが見え始めれば、堪えねばやっていかれぬことの方が多かろう。

堪える中に強靭な本物の強さが生れるのが、30代の理想である。とはいえ、たかが10年で、強さを確保できるようなかんたんなことではつまらぬだろう。素朴に言えば、未来のことはわからない。わからないから面白いのだし、何も知らぬからこそ進んでいける。

だから、「今のところ」としか言えぬのだが、私はこの先も芝居を続けるし、芝居を続けたことによって出会う豊かでギクリとするような何ものかに一喜一憂するのである。ただそれを楽しみに、今日も芝居をする。

2015.10 中込遊里

公演情報

日時

2015年10月20日~25日

場所

ザムザ阿佐谷

構成・演出

中込遊里

音楽

五十部裕明

出演

ヂュリエット/清水いつ鹿
ロミオ/林みなみ・望月紗穂※ダブルキャスト
マイ(踊)/石和田尚子・片ひとみ※ダブルキャスト
ウタイ(声)/花村雅子(えうれか)・水上亜弓・中込遊里
人形操作等/田中ゆかり(プリズマン)・高瀬弥生

ヴァイオリン/寺田彩乃・中條日菜子
ヴィオラ/久保山有造・岩永昇三
コントラバス/上野太郎・村木充
パーカッション・他/五十部裕明

スタッフ

音楽監督/五十部裕明
演出助手/角智恵子・酒井美帆
ドラマトゥルク/宮川麻理子
照明/太田奈緒未
美術/北山聖子・樋口真惟子
衣装/服部瑠美
宣伝美術/有布
写真撮影/木村護
映像撮影/長谷川百合
制作/大村みちる・田村いろは

ゲスト

20日(火)
トーク:二宮彩乃@岩手県一関市
演出家・パフォーマー。いちのせきのはこ「ガレージホール」代表。

21日(水)
トーク:小菅隼人@シェイクスピア
慶應義塾大学理工学部助教授。
専門:英文学、演劇学、英国ルネサンス演劇

23日(金)
トーク&ライブ:片岡祐介@音楽
音楽家/打楽器奏者。東京音楽大学で打楽器を学ぶ。
2006年度、NHK教育テレビのエキセントリックな音楽番組「あいのて」に「黄色のあいのてさん」としてレギュラー出演し反響を呼ぶ。

25日(日)
トーク:小堀陽平@岩手県西和賀町
日大芸術学部演劇学科卒業。西和賀町文化創造館銀河ホール・地域おこし協力隊、西和賀町地域おこし協力隊。