声を遊ぶもくろみ 『鮭スペアレ版・リチャード三世』(3/7更新)

鮭スペアレ

作/ウィリアム・シェイクスピア 訳/坪内逍遥
構成/宮川麻理子 演出/中込遊里 

演出ノート/中込遊里

2021年2月に上演予定だった本公演を4月へと延期したのは昨年の初夏あたりだったか。これを書いている今も、予定通り上演できるように策を講じつつも、不安は付きまとう。

構成・ドラマトゥルクの宮川と演出プランを練る中で、「グロースター公(リチャード三世)はアメーバだ!」となった。影響を与えたり与えられたりしながら揺れ動くその姿は、確固とした肉体を持たずアメーバ状に広がったり膨れたりする。“せむし”の王様であるリチャード三世の背中の“瘤”が、そこに込められたコンプレックスが、そのエネルギーの起点。

『リチャード三世』に向き合って1年以上。殺人を重ねて権力を手に入れた稀代の悪人、というイメージも強いリチャード三世だが、その人生の旅に付き合ううちに、彼の哀しさや人間臭さが染み入ってきて、情が湧いてくる。

社会状況の不安に向き合いつつも、どんな時でも人間は不安定に揺らぎながら生きていくのが常だなあ、と思う。それを認めながら生きるのはけっこう苦しい。でも、認めて受け入れることができれば、生きるのはなかなかに面白いかもしれない。

声を遊ぶもくろみ 鮭スペアレ版『リチャード三世』 試演会 

Photo by bozzo

アーカイブ映像公開中!


2月14日(日)に行った、無料LIVE配信のアーカイブ映像が公開中です。
無料でいつでもお楽しみいただけます。

こちらからご覧ください。 (上演時間30分程度)

上演会場

CHABOHIBA HALL http://chabohiba.jp/
東京都立川市幸町4-17-1
多摩モノレール「砂川七番」駅より徒歩15分/バス停「砂川九番」より徒歩5分/バス停「古民家園東」より徒歩3分

声を遊ぶもくろみ 鮭スペアレ版『リチャード三世』 本公演

4月公演情報はこちら

日時

2021年
4月17日(土)☆19:00開演
4月18日(日)11:00 / ☆15:00 / 18:00開演
(開場30分前)

☆…オンライン配信予定。

会場

銕仙会能楽研修所 http://www.tessen.org/map
東京都港区南青山4-21-29  
東京メトロ「表参道」駅A4出口より徒歩3分

※会場にはエレベータがございません。車椅子で観劇される方は、ご予約前にご連絡をお願いいたします。

出演

清水いつ鹿
上埜すみれ
水上亜弓
宮川麻理子
中込遊里(以上 鮭スペアレ)
宮﨑悠理
箕浦妃紗
若尾颯太

楽器演奏
中條日菜子(バイオリン)、酒井将義(尺八)、 五十部裕明(パーカッションほか)

スタッフ

演出:中込遊里 
構成・ドラマトゥルク:宮川麻理子 
音楽監修:五十部裕明 
演出助手:時田光洋 
能楽指導:一瀬唯
衣装:田中麻里
美術:北山聖子 
照明:植村真
舞台監督:林周一(風煉ダンス) 

動画撮影および配信:山縣昌雄
録音:上埜嘉雄
写真撮影:bozzo 

宣伝美術:中平一史
広報:上埜すみれ・葵
制作:片ひとみ・野村鈴香

ラジオ配信中!

鮭スペアレ劇団員が、坪内逍遥訳『リチャード三世』の全文朗読をラジオ配信しています。

アプリ「Radiotalk」にて気の赴くまま配信中。豪華ゲストも登場!

Radiotalk #声を遊ぶもくろみ

https://radiotalk.jp/progam/61300 

完全無料・アプリや会員登録不要。
パソコンでもスマートフォン・タブレットでもお楽しみいただけます。
劇場でお会いする日を楽しみに、ぜひお聴きください!


鮭スペアレ公式ツイッターアカウント:https://twitter.com/syake_speare